2018年4月6日金曜日

安倍9条改憲NO!3,000万署名をすすめる会・平塚が宣伝行動


平塚市では、市内の各団体で安倍政権の改憲に反対する運動が取り組まれていました。連携した運動を進める必要があるとして、「安倍9条改憲NO!3,000万署名をすすめる会・平塚」が設立されました。
321()に、第1回目の統一行動として、平塚駅北口駅前で宣伝行動が行われました。当日は、前日までの暖かさとは打って変わり、冷たい雨の降るあいにくの天候になりましたが、70名ほどの市民が駆けつけました。市会議員では、私と松本敏子議員が参加し、また、前市長の大藏律子さんも参加してそれぞれ訴えをしました。
国会では、森友学園に関わる土地売買の決裁文書改ざん・隠ぺい問題で紛糾している中での宣伝行動となりました。参加者から、「戦争NO!」「9条改憲NO!」「安倍首相はやめろ!」の怒りの声が次々と上がりました。
トランペット奏者の松平さんやアコーデオン・ピアニカなどの演奏に合わせて、改憲反対を市民に訴え、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」への協力を呼びかけました。
最後に、会の代表を引き受けていただいた仙蔵院のご住職が、お彼岸のお忙しい中で駆けつけて挨拶いただきました。

雨の中で、デジカメで写真を撮っていたら、急にフリーズしてまったく作動しなくなりました。ついに愛用のデジカメが壊れました。

3.13 重税反対全国統一行動in平塚が開催されました


313()、浅間緑地において、重税反対全国統一行動の決起集会が開催されました。集会には、平塚市を始め伊勢原市・秦野市・大磯町・二宮町から民主商工会を中心に各団体の100人ほどが集まりました。
日本共産党平塚市議会議員団からは、私と渡辺敏光議員が参加し、代表して私が連帯の挨拶をしました。森友学園の財務省による文書隠蔽と改ざん問題、憲法改憲NO!3,000万署名の取り組みなど安倍首相は退陣しかないと訴えましたが、参加者からは『そうだ!』の声がかかりました。
今年から、が平塚市役所庁舎内に移動したので、パレードは、平塚駅前交差点で折り返して市庁舎へのコースとなりました。暖かな青空のもと元気にパレードして、市庁舎前に特設会場で集団申告となりました。

3.11 市内の2つの取り組みに参加して


3.11 あの日を忘れない!
平塚市内での2つの取り組みに参加して
3月11日()、東日本大震災から7年目を迎えた日に、全国各地で生活復興支援、被災地との連帯や原発NO!を掲げ、様々な取り組みが行われました。
 平塚市内でも、第7回「ひらつな祭」や「さよなら原発ひらつかウォーク」が開催されました。

さよなら原発ひらつかウオーク
午後13:30分からは明石町公園を集会場に開催された「さよなら原発ひらつかウォーク」に参加しました。集会には、市内各地から約130人の市民団体・個人が参加しまいた。
共産党市会議員団は、渡辺・松本・髙山の3議員と無所属の端・江口議員が参加し、福島への復興と連帯、原発ゼロに向けた思いを込めて挨拶をしました。
また、元市長の大蔵律子さん、衆議院15区野党統一候補で戦った佐々木克己さん、参議院神奈川選挙区予定候補のあさか由香さんも参加し挨拶されました。
集会では、平塚養護学校卒業生が母体のパントマイム劇団「湘南亀組」による高速増殖炉の事故をテーマにした『もんじゅの浅知恵』が披露され原発の危険性を訴えました。
参加者は、「原発いらない」「被災者守れ」などを訴えながら、平塚駅前交差点までパレードしました。

2018年3月5日月曜日

平塚市議会3月定例会が始まりました

 2月22日(木)が初日で、3月市議会が始まりました。3月議会は予算議会となり、会派ごとの代表質問(一括質問一括答弁方式)と総括質問(一問一答方式と一括方式の選択制)で行われます。私は、珍しく本会議質問が休みとなります。

 共産党議員団の本会議質問は、渡辺敏光議員が3月6日(火)に代表質問を、松本敏子議員が3月7日(水)に総括質問をします。

○渡辺議員の代表質問要旨
 1.平成30年度施政方針から
  (1)財政状況 (2)市民のくらし実態 (3)徴収体制強化
  (4)「平塚市行財政改革計画」から (5)「平塚市総合計画」の重点施策
  (6)シティプロモーション
     2年間の取り組み内容  評価と今後の取り組み
 2.施設等の整備の市民への影響
  (1)ツインシティ整備(2)見附台周辺地区(3)龍城ヶ丘ゾーン整備(4)消防署本署整備

○松本議員の総括質問要旨
 1.国の社会保障制度と平塚市が果たすべき役割
 2.平塚市の保育の質の確保
  (1)「子育て安心プラン」
 3.子供の貧困に本気で取り組むには
  (1)学校における支援   就学援助・中学校給食
  (2)地域における支援

 私にとっても議員2期目の最終年ですが、落合市長も2期目最終年度です。昨年末に提出した「予算要望」実現に向けて、市民のいのちとくらしを守る姿勢実現に向けて、質すべき点はしっかり追及していきたいと考えています。

龍城ヶ丘プール跡地整備について、地元住民が市と懇談会を開催

市の説明会で海岸の養浜や緑・自然破壊に対する疑問が噴出
昨年11月に龍城ケ丘プール跡地に隣接する地域住民への説明会が、なでしこ・須賀・花
水の各公民館で開催され、最も近い花水公民館には、40人近い住民が参加し活発な意見が出されました。しかし、Park-PFI(民間事業者が都市公園の収益施設と公共部分とを一体で整備できる制度)を活用して、2020年までにカフェや駐車場等を整備しようとする市の説明に、多くの参加者から自然が破壊されるのではないかという不安の声が出されました。

住民が市に懇談会を要望し2回開催 1月の懇談会では一緒に作り上げる一致点を確認
このまま進められてしまうことは我慢できないとして、市民の声を聴いてほしいとして、118日と219日に地域住民と市の担当課との懇談会を要望し開催されました。
1月の懇談会では、「市民と自治会、議会、市当局が一津署になって企画し作り上げることができたら、日本中に誇れる事業になるのでは」という声に、市も、「節目節目で地域に示して一緒に作り上げていきたい」と答え、方向性は一致しているとの意見も出されました。

2月懇談会で、2020年実現を目指し、中止は考えていないと明言、
平成30年度予算案には設置予定者選定委員報酬も計上されている
2月の懇談会で、市当局からマーケットサウンデングの結果として、12グループ(29事業者)から出された提案の概要が示されました。参加者からは、「市民の声を聴くと言いながら実際には進んでしまっている」「2020年にこだわる必要はない」「市のコンセプトを示すことが先決では」などの意見が出されました。

市民の声を十分に聴きながら、一緒に作り上げる事業にすべきです。2020年にこだわる必要は全くありません。人工物がほとんど無い、自然が豊かな平塚海岸を将来にわたって残していける計画を進めるべきではないでしょか。

2018年1月25日木曜日

遅ればせながら、新年おめでとうございます

2018年の新しい年が明けました。今年は、私自身、市議2期目の最終年度となります。昨年中のご厚意に深く感謝するとともに、この1年、気持ちを引き締めて頑張りたいと思います。また、今年が皆さんにとって良い年となることを願っております。 

憲法と地方自治を暮らしに生かす広範な戦いを地域から
安倍政権は、53日の憲法記念日に、2020年までに改憲施行を目指し、「9条に自衛隊を明記する」ことを提言しました。憲法9条は「戦力の不保持」「交戦権を認めない」という平和主義を謳った日本国憲法の根幹をなすものであり、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した現在自衛隊を9条に加えることは、「武力によらない平和」という国の規範が曖昧にされる危険性があります
「戦争ができる国」にすることは、明文改憲だけでなく地方自治や住民の基本的人権の侵害を必ず伴います。すでに、沖縄での地方自治破壊を伴う新基地建設、全国各地で広がる表現の自由の侵害行為、共謀罪法制定などまさに多様で自由な議論を保障する民主主義の土台が崩されようとしています。

国民の願い、被爆者の願い、核兵器禁止条約に賛成する政府を!
国連で、7月に「核兵器禁止条約」が圧倒的多くの国々の賛成で成立しました。被爆者の「核兵器NO!」の思いが多くの国を動かした結果です。しかし、安倍政権はこの条約に反対したことは許されません。賛成する政府を広範な運動で作り上げていきましょう。

国・県の悪政から市民を守る平塚市政実現のため全力を尽くします
実質賃金の減少や年金支給額が削減され、住民税、保育料、医療費の窓口負担に加え、有料化や使用料の引き上げなどで、市民の暮らしはますます厳しさを増すばかりです。私たち議員団は、昨年12月に平塚市の2018年度予算編成に対し、市民の命とくらし最優先、子育て支援と福祉の充実を求め、市長に予算要望を提出しました。市民のみなさんのくらしと福祉を守り、安心して住み続けられる平塚市にするため今後も全力を尽くしてまいります。