2018年1月25日木曜日

遅ればせながら、新年おめでとうございます

2018年の新しい年が明けました。今年は、私自身、市議2期目の最終年度となります。昨年中のご厚意に深く感謝するとともに、この1年、気持ちを引き締めて頑張りたいと思います。また、今年が皆さんにとって良い年となることを願っております。 

憲法と地方自治を暮らしに生かす広範な戦いを地域から
安倍政権は、53日の憲法記念日に、2020年までに改憲施行を目指し、「9条に自衛隊を明記する」ことを提言しました。憲法9条は「戦力の不保持」「交戦権を認めない」という平和主義を謳った日本国憲法の根幹をなすものであり、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した現在自衛隊を9条に加えることは、「武力によらない平和」という国の規範が曖昧にされる危険性があります
「戦争ができる国」にすることは、明文改憲だけでなく地方自治や住民の基本的人権の侵害を必ず伴います。すでに、沖縄での地方自治破壊を伴う新基地建設、全国各地で広がる表現の自由の侵害行為、共謀罪法制定などまさに多様で自由な議論を保障する民主主義の土台が崩されようとしています。

国民の願い、被爆者の願い、核兵器禁止条約に賛成する政府を!
国連で、7月に「核兵器禁止条約」が圧倒的多くの国々の賛成で成立しました。被爆者の「核兵器NO!」の思いが多くの国を動かした結果です。しかし、安倍政権はこの条約に反対したことは許されません。賛成する政府を広範な運動で作り上げていきましょう。

国・県の悪政から市民を守る平塚市政実現のため全力を尽くします
実質賃金の減少や年金支給額が削減され、住民税、保育料、医療費の窓口負担に加え、有料化や使用料の引き上げなどで、市民の暮らしはますます厳しさを増すばかりです。私たち議員団は、昨年12月に平塚市の2018年度予算編成に対し、市民の命とくらし最優先、子育て支援と福祉の充実を求め、市長に予算要望を提出しました。市民のみなさんのくらしと福祉を守り、安心して住み続けられる平塚市にするため今後も全力を尽くしてまいります。

2017年12月28日木曜日

2018年度の予算要望を市長に提出しました

渡辺敏光議員 (落合市長) 高山和義議員 松本敏子議員
 今年も、総選挙の影響もあり、2018年度の平塚市の予算に対する議員団としての要望書提出が遅くなってしまいましたが、やっと市長に提出することができました。要望の柱は、以下の9分野107項目です。
1.日本国憲法をくらしに生かし、平和で安心の平塚市政実現のために
(1)平和都市としての取り組みを市民と協働して強める(2)集中豪雨、地震・火災等の対策を抜本的に強める
(3)公共料金の値上げの凍結
2.地域経済の活性化の重点施策
(1)平塚市のまちづくり(2)地元中小企業・農業・商店街支援策の推進
3.安心して子育てできる平塚に
(1)医療的支援の拡充を(2)認可保育園の新増設で真の待機児童解消を
(3)どの子も安心して過ごせる放課後対策を(4)児童虐待を未然に防止し、子どもの人権を守る
4.高齢者・障がい者・引きこもりやニートのくらしを守る施策の充実
(1)高齢者への施策(2)障がい者への施策(3)引きこもり・ニートへの支援を
5.国民健康保険・年金について
6.医療・福祉施策の充実
(1)市民病院について(2)生活保護について(3)低所得者・生活困窮者に対する施策
7.一人ひとりが大切にされる教育を
(1)憲法に則って、子どもが大切にされる教育を(2)安全で豊かな学校給食を
(3)学校の施設整備・教育条件の改善を(4)文化・スポーツの充実
8.安心・安全、環境に配慮したまちづくりの推進
9.市民にやさしい行財政の確立を
 

平塚市議会で「憲法論議推進の意見書」が採択されました

 12月議会中日の議会運営委員会に、自民党系2会派及び公明党会派から、「国会における憲法論議の推進と国民的議論の喚起を求める意見書」の提案が出されました。この意見書は、同日に、日本会議神奈川湘南西支部支部長 島村良行氏より、同趣旨の請願が出されたことを受けて、平塚市議会として意見書を提出しようとするものです。私たち議員団は、到底認められるものではないと考え、議員団で議論し、渡辺敏光議員が反対の討論をしまいた。反対の趣旨は、
①請願と一緒に議員に配布された資料には、「憲法改正を実現する神奈川県民の会」がまとめた「憲法改正を求める意見書決議進捗状況」という、神奈川県内の市町村議会に出された議決状況の一覧が添付されていました。請願の目的が、改憲を求めるものであることは明らかであること。
②憲法議論を喚起するという事であるなら、現憲法にどういう問題点があるのか、その点を示すすべきであること。世論調査でも、来年1月の通常国会に改憲発議をすることに反対が68.4%あること。安倍政権下での改憲に、賛成は36%であるのに対し、反対は48%あること。改憲論議を進める環境には至っていないこと。
③安倍首相の発言からも改憲の本命は憲法9条であることは明確で、集団的自衛権行使が閣議決定された下での自衛隊明記は「武力によらない平和」という9条の規範が曖昧にされる危険性があること。国民の中にさまざまな意見のある憲法問題を、地方議会が議会での多数で請願を採択し意見書を提出することはすべきでない。
というものです。

 表決では、議員団3人と無所属議員3人、湘南フォーラム1人の7人が反対しました。議長を除くその他20人の議員の賛成で、請願が採択され、引続き意見書も同数で採択されました。

12月議会が終了しました

 12月20日に、平塚市議会12月定例会が最終日を迎え、提出された全ての議案を表決して終了しました。12月議会で私は、議員団1人目として本会議で質問しました。質問した内容は、
1.平成30年度予算編成方針について
  ※平成28年度に10%削減をしたことに対し、平成30年度予算編成方針では見直しをし
   てくらしに配慮し(特に教育予算)算になってるか、民間手法の研究だけでなく
   行政として責任を持った手法研究強化、必要な人員配置を求めた要望をしました。
2.平塚市高齢者福祉計画
(1)町内福祉村と介護予防
  ※この2年間、町内福祉村がまったく進展していない現状を指摘して、どこに問題があ
   るのか、市としての考えを質しました。
  ○市は、地域の課題解決の1つの手段として町内福祉村があり、つくるつくらないは地
   域の判断との答弁でした。
  ※本来、市内どこでも同等のサービスが受けられなければならない介護予防につい
   て、地域による差を町内福祉村を中心に市内全域で進めるとしていた市の考えを質
   しました。
  ○市は、緒内福祉村ができなければやらなくてもよいという答弁でした。今までの答
   弁と変わってきており、介護予防が市内でもどこに住んでいるかによって受けられ
   るサービスに差があることを固定する市の答弁は看過できません。今後も追及して
   いきます。
(2)高村地区における地域医療福祉拠点整備モデル地区構想
  ※UR都市機構の高村団地と市が、昨年協定を結び、子育て世代や高齢者、障害のある
   方、生活困窮者など、市民の誰もがいきいきと暮らし続けられるまちを形成してい
   くという考えの構想を持ちました。考え方は、評価できるものですが、地域住民に
   少しも呼びかけられていない現状を指摘して、地域と一緒に企画すべきと要求しま
   した。
3.総合公園駐車場有料化について
  ※市に施設及び駐車場は、無料が基本であるべきと、9月議会に続いて要求しました。
   今回の案では、市の駐車所でも、庁舎及び図書館等の文化ゾーン駐車場は1時間まで
   無料、総合公園駐車場は2時間まで無馬入ふれあい公園は無料と使用基準がバラ
   バラになり、市民にとって利用しにくく理解しにくいと指摘しまいした。
 最終日には、私たち議員団は、マイナンバー制度に係る増額補正がされている一般会計補正予算に反対しましたが、反対少数ですべての議案が成立しました。



2017年11月14日火曜日

市会議員と私立幼稚園保護者との交流会がおこなわれました

保護者から提案された地域要望の一部
112()に平塚市私立幼稚園父母の会連合会主催の市議会議員と父母・園長との交流会が開催されました。毎年1回実施されています。
当日は、28名中27名の市議会議員が参加し、地域ごとに5つのグループに分かれて交流しました。共産党議員団も3名の議員全員が参加しました。
テーブルごとに、父母も皆さんが、事前に地域の安心安全を中心に、問題のある場所・問題点などを写真入りで資料として用意されていました。
議員からは、「なかなか変わらないこともあるが勇気をもって要求し続けてほしい」「地域自治会などに相談を持ちかけ一緒に要求することも大切」「黄色い手旗、歩道近くの植栽の剪定を要望することも有効」などの意見・アドバイスが出されました。議論がたくさん出され時間内ですべてを話し合うことはできませんでしたが、各テーブル共に活発な交流ができたのではと思います。


 112()の午後に、藤沢市民会館において湘南地方市議会議長会議員研修会が開催されました。この研修会は、平塚市をはじめ、鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・小田原市・南足柄市の6市議会に議員が一堂に会して持ち回りで年1回研修を行うものです。
東京大学高齢社会総合研究機構教授 飯島勝矢氏を講師に、「なぜ老いる?ならば上手に老いるには ―フレイル予防を通しての健康長寿まちづくり―」のテーマで講演していただきました。

2017年11月7日火曜日

総選挙が終わって

はたの君江候補と佐々木克己候補が揃って演説を
安倍首相の、臨時国会冒頭での突然の解散で始まった衆議院選挙が終わりました。あっという間の1ヶ月でした。小選挙区に独自候補がいない選挙、連日の雨の中での選挙など、今まで経験したことがない選挙となりました。多くのみなさんから、温かい励まし・ご支援をいただき本当にありがとうござ
いました。
 
10月20日、いちご市民の会と主催の駅頭宣伝で演説する佐々木候補
平塚・大磯・二宮の議員有志も参加しました
憲法改悪阻止、安保法制廃棄を中心政策に、市民と野党が共闘して安倍政権を退場に追い込む選挙と位置づけました。憲法改憲・安保法制容認では自民党の補完勢力でしかない希望の党結成と、民進党の吸収など市民と野党の共闘に対する裏切りがありました。共産党の議席が21議席から12議席に後退したことは大変残念です。自公を中心にした改憲勢力が2/3を占める結果となりましたが、共産党・立憲民主党・社民党などの改憲反対の勢力が議席を大きく伸ばしたことは喜ばしいと考えています。
 今回の選挙でも改めて、小選挙区制度という民意が反映しない選挙制度を早急に変えなければだめだと強く感じました。3割の得票率で6割を超える議席を占めるような選挙制度はおかしいのではないでしょうか。
 再来年は一斉地方選挙と参議院選挙があります。国政でも地域でも、平和な社会と市民のみなさんの命とくらしを守る社会にするために、引き続き頑張ります。

2017年9月10日日曜日

9月議会の総括質問が終わりました

 日本共産党市議会議員団の2番手として、9月7日に総括質問を行いました。
 質問のテーマは、 1.平塚市の水害対策について
          2.国民健康保険の都道府県化について  です。

1.平塚市の水害対策についてでは、事前に県の担当課に状況の確認を行い、ほとんど対応がとられていない河内川の浚渫や堤防のかさあげを、市が責任を持って、期限を決めて県と協議をして早急な具体化を求めました。また、側溝や排水桝の土砂の除去を市が責任をもって実施する計画をつくることも要求しました。市は、県との協議をより具体的に進めると答弁しました。

2.国民健康保険の都道府県化については、
①国保の基本的性格が社会保障制度であるとし、市の見解を求め、市は社会保障制度であることを明言ました。
②国が負担率を削減してきている中で、その削減分を市が法定外繰入として負担するのは当然であるとして、市の見解を求めました。市は、来年度は保険料の激変はないが法定外繰入は削減すると答弁しました。市民の負担軽減のための減免を求め、市も実施することを約束しました。
③払えない市民が増えている中で、単に収納率の向上ではなく、「生活再建型滞納整理」を全庁挙げて体制づくりを求め、市も検討を表明しました。